不動産投資を始める

不動産投資の収益にはインカムゲインとキャピタルゲインがあり、インカムゲインは家賃収入のことを指します。反対にキャピタルゲインは不動産を手放す時に売却するのですが、不動産価値が高まった時に手放すことで高い収益を得ることが可能です。

色々ある資産運用

マンション

日本国内での不動産投資

マンションやアパート、戸建て物件を購入してそれを誰かに貸すことで家賃収入を得ることが出来るようになっています。定期的な管理が必要になるのですが、日本国内であれば安心して任せることができる管理会社が多数存在しているので国内で不動産投資をする人は多いと言えるでしょう。

海外不動産投資

日本ではなく、海外不動産投資も人気を集めている資産運用の一つです。頻繁でなくとも定期的に海外に足を運ぶことがある人は、セカンドハウスとしても利用することができます。使わない間は誰かに貸すことで家賃収入を得ることができるでしょう。

駐車場経営

遊休地があれば駐車場にし、そこを貸し出すことによって収入を得ることができます。物件がなくとも土地があれば始めることができ、また管理もしやすい点から投資初心者でも始めやすい方法となっています。

airbnb

airbnbはいわゆる民泊サービスとなっており、自宅の空き部屋や所有しているアパート、マンションの一室を観光客に貸し出すことが可能です。民泊サービスになるのでベッドメイクや掃除などが必要不可欠になりますが、こちらも手軽に始めやすい方法となっています。

国債

安定した投資の一つになり、簡単に言うと国にお金を貸す内容になっています。利率が低いので貸した金額分プラス少し返ってくると思っておいた方が良いでしょう。しかし、安定した投資になっているのでリスクを恐れず始めることが可能です。

失敗事例を参考にする【初心者の安心不動産投資】

女性

不動産投資をする際の注意点

不動産投資を始める場合、やはり収入は高い方が良いと思うものです。しかし、見合っていない家賃設定をしてしまうと誰も入居したいとは思わないものです。空室になってしまうともちろんのこと、家賃収入を得ることができないので家賃相場は事前に知っておくことが大切です。

空室

管理会社に委託

不動産投資をする場合、管理会社に部分的に依頼をすることになるのですが管理が面倒という方はサブリースという方法もあります。これは全ての管理を丸投げすることになるので、家賃設定なども管理会社の方で行ってもらうことができます。しかし、告知なく家賃が下げられてしまい収入が減るということもあるので利用する際は注意が必要です。

不動産投資に失敗!体験談を紹介

空き部屋

安い物件を購入

初めてだったので失敗が怖く、リスクを軽減する目的で安さだけで物件を購入しました。駅から遠い、古いということで入居者がなかなか集まらず、少し高くても入居したいと思うような物件を購入すれば良かったと後悔しています。

管理会社選びに失敗

所有している不動産から近くにある管理会社にお願いをしたのですが、ずさんな管理に終いには音信不通になってしまいました。実績とか色々確認しておけば良かったって思います。

ファミリータイプを購入

ファミリー層に人気なので空室問題とかもなかったのですが、唯一の問題が修繕積立金でした。ワンルームよりも費用の上昇が早いし高いしで、5年経過した今では赤字状態です・・・。

空室保証がなかった

初めてだったので不動産会社に勧められるがまま物件を購入し、一般管理を勧められて選んだのですがそれが失敗でした。入居者が退居し、次の入居者もなかなかいない状態が続き家賃保証がないので収入は皆無。リフォーム代も高くついてマイナスになり、結局は物件を手放すことになりました。言われるがままに話を進めてはいけないですね。

広告募集中