投資マンションを売却する~仕組みを理解しておこう~

投資マンションを売却する~仕組みを理解しておこう~

積み木

片手取引

物件を購入したい人、売りたい人が別々の不動産会社を利用して契約をする方法になっています。どちらにせよ、売る側も買う側もお互いの不動産会社に仲介手数料を支払わなくてはなりません。

マンション

両手取引

片手取引と違って双方が同じ不動産会社を利用する方法になるのですが、利用する不動産会社によっては売却する側に大きな損失をもたらすこともあります。売却までの期間が長引いてしまうと価格を下げられてしまうこともあるでしょう。

空室

直接取引

売却者が自分で買い手を見つけて、直接やり取りを行なう方法になっています。手続きなど色々と面倒なことも多いのですがその分、仲介手数料がかからない他にも高額で売却できる可能性があります。

マンション

ローンが支払えなくなった

不動産投資を始めようと投資マンションを購入したけれど入居者が現れず赤字といった場合、ローンの支払いが滞れば差し押さえになってしまいます。その場合、競売にかけられてしまうこともあるので早めの見切りが重要になります。

競売と売却の違い

競売

投資用だけではなく物件を購入し、ローンが支払えず滞納続きだと競売にかけられてしまうのですが、競売にかけられてしまうと周囲に知られてしまうことになります。また、安値で売却されてしまうので生活苦が強いられることになるでしょう。

売却

早めに売却をすることで競売を避けることができます。競売よりも高い価格で売ることができるので、得たお金でローンの支払いに充てることができる他にも生活にほんの少しだけゆとりも得られます。

広告募集中