家賃保証で安心のある不動産経営~不安を解消する~

家賃保証で安心のある不動産経営~不安を解消する~

マンション

家賃保証とは

不動産経営をする上で知っておきたいことの一つに家賃保証があり、空室になってしまうと当たり前ですが収入は得られません。空室が続いてしまうとその間、収入がないので不安定と言えるでしょう。しかし、家賃保証は空室の間も一定の収入が得られるため安心することができます。

空き部屋

トラブルも存在する

家賃保証は一見すると素敵なサービス内容になっているのですが、トラブルもいくつか存在するので知っておくことが大切です。例えば、空室がずっと続いて一向に収入が得られない状況にある場合、契約を解除されてしまうことになるでしょう。そうなってしまうと収入が得られなくなってしまうので、契約をする際にはしっかりと契約書に目を通しておくことでトラブルを避けることが可能です。

空室

家賃保証が利用できないこともある

全てのマンションやアパートで家賃保証が適用されるわけではなく、保証会社が収入を見込めると思った物件のみ家賃保証を利用することができます。当たり前のことですが、入居者(収入)が見込めない物件に家賃保証を適用しても赤字になることはわかっているからです。

家賃保証で得られるメリット

女の人
no.1

入居者が滞納しても収入がある

入居者が万一、家賃を支払うことができずに滞納してしまった時は保証会社が立替してくれてオーナー側に収入が入る仕組みになっています。そのため、入居者が滞納してしまっても月々決まった金額を得ることができるでしょう。

no.2

空室問題も安心

空室になってしまった場合、収入がなくても家賃保証でカバーすることが可能です。しかし、長くは適用されないのでわずかな期間は安心という認識でいることが大切です。

no.3

ローンの支払いが滞らない

物件を購入してローンの支払いが完済していれば良いのですが、ほとんどの人はローンを支払いながら不動産経営をしているでしょう。ローンの支払いが滞ってしまうと徐々に支払う金額が高くなってしまうのですが、安定した収入があればローンも支払うことが可能です。

広告募集中